読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8σの人

冷酷紳士の物語

絶望の旅へ。

21時過ぎの京都は雨が降っていて
なのに駅には人が多くて
だから8σは仏頂面で歩く。

普通の旅行ならホテルに直行して
明日の準備でもするのかもしれないが、
あいにく今日のうちにやっておかなければならない事があるもんで
だから駅から40分かかるとしても歩く。

目的地はここ。
f:id:snowcreek:20161120170208j:plain
安井金比羅宮
縁切りで有名な神社だそうで。
といっても私は人の代理で来ているもので
私自身の縁切りを願いにきたわけではない。

ちなみに写真は縁切り縁結び石と言って
100円でお札をいただき
叶えたい願いを書き
お札を持って願いを唱えながら
(唱えなくていいです。頭で思うだけで。)
穴を表から裏、裏から表に往復し、
最後にお札を岩に貼り付けると願いが叶うと言われているそうな。

もちろんやりましたよ。
人のためなのでね。
ただ、思っていたよりも
人間の怨念や欲望の禍々しさみたいなものは
感じなかったですね。
効果あるのかな?

と思ってホテルについて
着ていたパーカーを脱いだら
紐の金具が片方とれていた。
f:id:snowcreek:20161120170440j:plain
そこ切ってどうすんだよ。(不機嫌)

次回予告
苛立ちを抱えながら8σの旅は始まる。
次回8σの人「思えば遠くへ来たもんだ」
始まりは過去から。

今日の一言
善人も悪人もない。