読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8σの人

冷酷紳士の物語

優しい歌

今月読んだ本の紹介。
今月は遅くてすまんな。

作品名:イン・ザ・ヘブン
著者:新井素子

短編集ですが、実は表題作はyomyom掲載時に読んでおりました。
(今調べたらvol.20で今から5年も前でした。)
その時結構面白かったので買ってみましたが、
他の短編も非常に面白かったです。

内容的にはSF&ファンタジーとでも言えば良いのかな?
人間って愚かで悲しい生き物だけれど、
世の中のほんの一握り
希望を見せてくれる人もいる。
あとがきにもありますが、
捨てたもんじゃないってことですね。

欠点を挙げるとすれば
読点が多くて文章がもたついた感じを受ける人もいるかもしれません。
私もちょっと引っ掛かった部分はありますが、
まあ許容範囲でした。

ただ、文庫版あとがきはちょっと微妙。
最後の掲載作はエッセイなのですが、
エッセイはまだギリギリ読めましたが、
文庫版あとがきは完全に肌に合いませんでした。
せっかく面白い短編集だったのに、
最後に気分がしぼみました。うーん…。

同じ感想を抱いた人いないかな?
誰か分かりませんか?この気持ち。
よかったら読んでみてください。
作品は本当にすごく面白いです。オススメ。

今日の一言
一目惚れ?お米ですか?