読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8σの人

数値を越える-spec out-

Let It Go

さて、予告通り前回の続きです。

前回読んでないでしょうから、予告と言われてもなんのこっちゃでしょうが、

長すぎて一記事で終わらないので分割しました。

なのでこれも読まなくてよいです。

この次から読みましょう。解散。

 

前回のおさらいをさせていただくと、

なんで女性を避けるのですかってところを書かせていただきました。

項目としては、

  1. 度を越えた人見知りである
  2. 恋愛できる環境にいなかった
  3. 愛を信じていない

まあ、上記って結局(屁)理屈っぽい部分がありますよね。

しかも周囲のせいにして自分のことは棚上げだし。

恋愛は理屈じゃなくて感情だぜって愛の伝道師が言っていました。

誰だそれ。そんな知り合いいません。

では、8σについて、より深い部分に降りていきましょう。

暗いよ。だから読まないでね。

 

○私は欠陥品なのか?

項目名からして病んでるっぽいですが、

心身ともに健康なので安心してください。

冷静に自分を分析すると、どうしても暗くなりがちです。

いきなり切り込んでいきますが、

皆さんご存知の通り、私はそもそも女性に興味がないです。

待て待て、そう欠陥品と決めつけるな。

それはなぜか?

単純なことですが、今まで出会ってきた人たちの中に、

私に興味を抱かせる人がいなかったということです。

「興味がないって言うけどさ、じゃあ初恋はどうだったのよ?」

よく聞かれる質問ですね。

残念ながら、まだしたことないです。

本当のことと言っているのに、それは嘘だよと否定されます。

嘘ついても何の得もないですよ。

待て待て、まだ欠陥品と決めつけない。

周知のとおり私は感情の起伏があまりないです。

常にフラット。低値安定。

基本的に心動かされる事がないです。

それは何事に対しても変わらないことで、

つまり異性に対しても同様です。

その最たる例が、好きなタイプがわからないということではないでしょうか?

私はよく、最近の若い子はみんな同じ顔に見えるといいますが、

半分は本気でそう思っています。

どんな人に会っても、テレビでアイドルの姿を見ても、

美しいとか、かわいいとか、そういった感情が一切わかないのです。

でも、動物やキャラクターはかわいいとかかっこいいとか感じます。

(すごくストライクゾーン狭いですけど。)

つまり、そのような感情は人間に抱く感情とは別物のようですね。

じゃあ何で人間には心動かないのかっていうと、

皆さんの表現を借りるなら、

「人間として大事な何かが足りない」ということになります。

欠陥品ですね。でも病気ではないです。健康です。

どうしてそういった感情がわかないのか、自分でもわかりません。

生まれつきなのではないかと思います。多分。

それでもまだ自分は欠陥品ではないと言い続けましょう。

説得力ないですけれど。

 

○私の根底にある嫌悪感

だから暗いっすよ。ほんと最悪な記事だなこれ。

上でつらつらと書きましたけれど、

まあそうはいっても人生なにがあるかわからないもんだし、

女性とお近づきになることもあるかもしれないじゃん。

そんな時、君はどうするのさ?

どうもしません。何も行動しないです。はい。終了。

せっかく仲良くなれるチャンスなのに、なんで何もしないのさ?

はい、よく言われましたね、これ。

ほんとすみません。

度を越えた人見知りなんです。

というのも事実なんですけど、それはすごく表層部に露出している課題で、

根っこの深いところにあるのは

自分と関わり合いになってほしくないという感情なんです。

それは自分が嫌いだから。

見た目は下の下の下。性格は暗い。女々しい。優柔不断。ネガティブ。

こうと決めたら絶対に譲らない石頭。

コミュニケーション能力ゼロ。特技なし。不幸体質。

いい年してアニメやゲームに興味があるのも気持ち悪い。

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ自分で書いてて悲しくなってきた。

ぱっと思いつく限りでこれだけ自分をいじめられるのは才能でしょうか?

違いますね。なんの才能もないも追加で。

そういうわけで、私は自分が大嫌いです。

そんないやな奴と何人たりともなるべくかかわってほしくないのです。

そして、自分が嫌いな人間のことを好きになる他人もいないと思います。

負のスパイラルですね。

ありのままじゃダメ。絶対。

愛の伝道師「そんなことないよ。逆ナンされてたじゃないか。

君の見た目は下の下の中だ!」

慰めてくれてありがとう。逆ナンじゃないです。もうその話はやめましょう

ていうか、君誰?

 

○では私にとってこの世は闇なのか?

そろそろ終わりますよ。

結局この世に生まれてきたのに、恋の一つも知らないなんて、

悲しくないですか?

悲しくはないです。

ただ、孫の顔を見せられないとかそういう申し訳なさはありますが。

そうは言っても、何の興味も抱けない人と結婚なんて無理な話だし、

相手に失礼すぎると思います。

じゃあやっぱりこの世は闇ですか?

実はそうでもないと思っています。

理由は2つ。

  1. 人は出会うべくして出会うと思っているから

縁というものは不思議なものです。

私が今の会社に入って皆さんと出会えたのも縁です。

今は期間限定で離れた場所にいますが、

こちらでも新たな出会いがあります。

これは私の考えですが、人は必要な時に、必要な人と出会うものだと思っています。

今まで私に興味を抱かせる人と出会えていないのもまた縁です。

断り続けてきた女性との食事会(合コン?)を設定されて、

もはや8σの運命もここまでかと思った矢先、

当日相手方の都合でドタキャンになったのも縁です。

(つまり今はその人とつながるべきではないということ)

だからまあ、いずれ必要な時に必要な人と出会えるもんだと結構楽観視しています。

私に興味を抱かせる人間、楽しみですね。

 

  1. 視点が違えば評価は変わる

さっき自分をこき下ろしましたが、なぜか他人は

私のことを面白がっている節があります。

変わっているなぁと言いつつ皆さん優しいです。

その点は本当に感謝しております。

ただ、所詮は社内の話で、

人間関係うまくやらないと仕事しにくいからっていう部分も大きいのかと思います。

(実際のところはわかりません。読心術はないもので。)

ただ、こちらでの人間関係も別段険悪になることもなく、

どちらかといえばうまくやっている方だと思います。

結構、冗談を言い合ったりもできています。

(お客さんだからでしょうか?実際のところはわかりません。)

プライベートもまあまあうまくこなしていると思います。

で、私の嫌いな私の部分は、他人から見たら

全然違って見えるんだなぁと最近感じています。

女々しい→優しいみたいな。

大きい枠で言えば、

一人奇人変人博覧会→そうかもしれないけれど、面白い

と感じる人たちがいるということですね。

今までさんざん言われてきましたが、あんま信じてなかったっす。

居場所が変わっても大して評価が変わらなかったので、

そういうもんだと少しだけ信じられるようになりました。

だから、もしかしたらこんな人間を(恋愛的な意味で)

好きになってくれる人がいるかもしれないとふわっと思います。

というか、こんな人間に好意を抱くって、相当面白い感性の持ち主ですよね。

そんな人に出会ったら、それこそ縁なのでしょうね。

 

○総括

結局のところ、別段私自身何も変わることはないです。

ただあまりにも愛だの恋だのという言葉がうるさかったので

ガス抜き的記事をしたためました。

別にそんなもん経験しなくても楽しく生きているし、

全く悲観していないです。

今のままで十分満足です。

皆さんのような人たちと出会えただけで十分です。

好きになれない人と恋愛はできません。

でも、私に興味を抱かせる人間が現れたら、

それはとても素敵じゃないかと思います。

愛を信じていないけれど、本当は強く信じているのかもしれません。

その矛盾が私なんだと思います。

白の私と黒の私。どちらも同じ私なんですよ。

 

さて、この記事は読んでいないと思いますが、

来週はもう少しまともな記事を書きますので、よろしくお願いいたします。

 

今日の一言

TDLで好きなアトラクション?フィルハーマジックかな。